名古屋から彦根へ行く方法は? 新幹線と電車を使う方法、電車だけで行く方法、高速バスを利用する方法の所要時間と料金まとめ

名古屋から彦根への行き方 新幹線と電車で行く方法 名古屋から滋賀県への行き方

名古屋から彦根への行き方 電車とバスの所要時間と料金まとめ

名古屋エリアから近く、日帰りでも行きやすい滋賀県彦根市は、ひこにゃんで有名な彦根城、玄宮園、彦根城博物館、多賀神社などの観光スポットがあることで知られています

彦根港からは琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島(ちくぶじま)への定期船も毎日4便就航(乗船時間約40分)。彦根はパワースポットとして知られる竹生島へのアクセス拠点としても便利です。

また、車で1時間で三井アウトレットパーク 滋賀竜王(滋賀県蒲生郡竜王町)にもアクセス可能。


このページでは、名古屋駅から滋賀県彦根市への行き方を、電車・バス・車、それぞれの場合で、所要時間と料金の目安を比較し、まとめて紹介します。

名古屋から彦根へ新幹線+電車で行く方法

名古屋から彦根への行き方 新幹線と電車で行く方法

名古屋から彦根へ最も早く行く方法は、新幹線と電車を使うことです。

名古屋駅から米原駅までは新幹線(ひかり または こだま)で26分~27分ほど。その後、米原駅でJR琵琶湖線に乗れば約5分で彦根駅に到着します。

名古屋から彦根への行き方 新幹線と電車で行く方法

トータルの乗車時間は31分~32分ほど。米原での新幹線⇒電車(JR)の待ち合わせ時間にもよりますは、名古屋駅を出てから40分~50分ほどで彦根駅に着くことができます。

名古屋から彦根への行き方 新幹線と電車で行く方法

この場合の料金は、新幹線が自由席の場合 3,220円、新幹線が指定席の場合 3,740円です(※米原に停車する新幹線はひかり または こだまなので、のぞみとは異なり、自由席の車両が多い)。

名古屋から彦根に新幹線+電車を利用する行き方は、最も速く、最も料金の高い方法と言えます。

名古屋から彦根へ電車(在来線)で行く方法

名古屋から彦根へ電車で行く場合(新幹線を使わない場合)は、

  1. 名古屋から米原まで特急しらさぎを利用、米原から彦根までJR(琵琶湖線)を使う方法
  2. 名古屋から大垣・米原を経由し、彦根までJR(東海道本線+琵琶湖線)を利用する方法

の2通りがあります。

1の特急しらさぎをとJR(琵琶湖線)を利用する場合の所要時間は、片道1時間4分程度で、運賃は3,190円(指定席料1,700円を含む)です。運賃は新幹線(自由席)を利用する場合とほとんど変わらないので、しらざぎを利用するメリットは少ないかもしれませんね。

2の特急しらさぎを利用せず、JR(東海道線+琵琶湖線)で行く場合の所要時間は、片道1時間23分~1時間40分(乗り継ぎ時間による)で、運賃は1,490円です。新幹線を利用する場合と比較すると、JRを利用する方法は「時間は2倍かかるが、料金は1/2以下」と言えるでしょう。

なお、名古屋駅から東海道本線 特別快速(米原行き)に乗ることができれば、大垣で乗り換える必要がありません。特別快速は追加料金なしで利用できます。

名古屋から彦根へバスで行く方法

名古屋から彦根への直通の高速バスはありません。

高速バスで行こうとするなら、名古屋から高速バスいったん京都まで出て、京都から彦根行きのバスに乗る方法、または名古屋から大垣まで高速バスを降り、乗り継いで大垣から彦根に行く方法があります。

しかし、名古屋から彦根に行くのに高速バスを利用するのは、乗り継ぎに時間がかかりすぎるうえ、運賃も片道2,550円程度と電車より高いので、おすすめしにくいです。

名古屋から彦根へ車で行く方法

名古屋から彦根へ車(マイカー・レンタカー)で行く場合は、名神高速道路を経由して、通常1時間5分~1時間40分程度(77.3km)です。

高速道路を使わず国道306号線経由で行くと、通常1時間50分~2時間30分程度(82.3km)です。

(※所要時間と距離はGoogleマップによるルート検索結果を参照)

名古屋から彦根への行き方 新幹線と電車で行く方法

上写真はJR彦根駅のロータリー前にある彦根藩初代藩主 井伊直正公の像。ここから彦根城(敷地内)までは歩いて10分程度です。彦根城をはじめとする彦根の観光スポットや見どころは比較的駅周辺にまとまっているので、徒歩でも観光しやすいでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログへ


彦根の観光スポット・見どころをチェック!

彦根の観光スポット 彦根城

彦根のホテルをチェック!

彦根キャッスル&リゾートスパ

コメント