名古屋から掛川(静岡県掛川市)へ行く方法は? 新幹線、電車(JR 名鉄電車)、高速バス、車で行く場合の所要時間と料金のまとめ

JR掛川駅 名古屋から静岡県への行き方

[2019年10月料金改定済]

名古屋エリアから近く、日帰りでも行きやすい静岡県掛川市は、日本初の本格木造天守閣として復元された掛川城や、二の丸茶室、二の丸美術館、ステンドグラス美術館、珍しい鳥たちが見られる掛川花鳥園などの観光スポットがあることで知られています。

また、エコパアリーナが近いので、サッカー観戦やアーティストのライブイベントに参加する方も掛川駅を利用することが多いです。

掛川城と掛川花鳥園

名古屋から掛川への行き方まとめ

では、名古屋から掛川(静岡県掛川市)への行き方にはどんな方法があるのでしょうか。

新幹線、電車(JR 東海道線・名鉄)、高速バス、車などが思い浮かびますが、それぞれの所要時間と運賃はどれぐらい違うのか、おすすめの行き方はどれか、迷ってしまうかもしれません。

このページでは、名古屋から掛川への行き方を新幹線・電車(JR在来線・名鉄+JR)、高速バス、車、それぞれの場合で、所要時間と料金の目安を比較し、まとめて紹介します。

新幹線を利用する方法

掛川には新幹線の駅があります。名古屋から行くと、浜松駅の次、静岡駅の手前です。

しかし、掛川駅に停まる新幹線は「こだま」のみ。「のぞみ」と「ひかり」は停まりません。そのため、新幹線で名古屋から掛川に行く場合、名古屋駅から「こだま」でいくのが普通です。

その場合、所要時間(乗車時間)は1時間2分~1時間4分で、料金は自由席の場合、運賃2,310円+特急料金2,530円で計4,840円、指定席の場合は運賃2,310円+指定席3,060円で5,370円となります。

(※2019年10月からの消費税改訂後の料金)

また、タイミングによっては、名古屋駅から浜松駅まで「ひかり」で行き、浜松駅で「こだま」に乗り換えて、掛川まで行くという方法も可能です。

ただ、すべての「ひかり」が浜松駅に停まるわけではなく、タイミングよく浜松駅に停まる「ひかり」に乗れたとしても、待ち時間によっては、トータルの所要時間は名古屋から掛川まで「こだま」で行くのとほとんど変わりません。

個人的には、名古屋から掛川まで「こだま」1本で行く方が楽でおすすめです。

電車を利用する方法

名古屋駅から掛川駅まで、多少時間がかかっても安く行きたければ、電車を利用するのがおすすめです。ざっくりというと、新幹線に比べて2倍の時間がかかり、料金は半分ほどになります。

JR 東海道本線

JR 東海道本線(有料特急は使用しない在来線)なら、JR名古屋駅からJR掛川駅まで、2時間4分~2時間30分ほどで行くことができます。料金(運賃)は大人2,310円です。

JR名古屋駅からJR掛川駅までは、1回もしくは2回の乗り継ぎが必要です。「名古屋→豊橋→浜松→掛川」というパターンが一般的ですが、タイミングよく名古屋駅から豊橋駅行きの快速に乗ることができれば、乗り換えは1回で済みます。

名鉄電車+JR在来線

電車で行く方法の応用として、名鉄名古屋駅から豊橋駅まで名鉄電車に乗り、豊橋駅でJR 東海道本線に乗り継ぐ、という方法もあります。(※名鉄電車だけでは掛川まで行けません。)

豊橋駅はコンパクトで、JRと名鉄が同じ駅の構内にあるので、名鉄⇔JRの移動が容易。少なくとも、名古屋駅で名鉄乗り場からJR乗り場に行くのよりは、徒歩移動距離は短いです。

名鉄名古屋駅から豊橋駅までは名鉄特急で49分~53分程度(自由席の運賃は1,140円)、豊橋駅から掛川駅まではJR 東海道本線で1時間2分~1時間12分程度(運賃は1,170円)。

トータルの所要時間は、豊橋駅での乗り継ぎ待ち時間次第ですが、2時間~2時間30分程度でしょう。料金は2,310円と、JRのみで行った場合とほとんど変わりません。

(※2019年10月からの消費税改訂後の料金)

自宅が名鉄沿線にある、名古屋駅まで出ずに直接豊橋駅を目指せる、という場合に、この名鉄電車+JRの組み合わせを使うのが良いかもしれません。

高速バスを利用する方法

名古屋から掛川までは高速バス(東名ハイウェイバス)で行くことも可能です。

名古屋駅新幹線口の高速バス乗り場から「静岡駅北口駅」行きなどの東名ハイウェイバスに乗り、「東名掛川」で降ります。所要時間は高速道路状況にもよりますが、名古屋駅から「東名掛川 IC」までは約3時間で、高速バス運賃は大人片道2,140円です。

時間がかかっても良いから乗り換えなしで安く行きたいという方におすすめ。

ただし、到着する「東名掛川」は高速道路脇で、JR掛川駅までは徒歩10分~15分ほどかかります。

高速バスネットで時刻表検索と予約が可能です。

車(マイカー)を利用する方法

名古屋から掛川へ車で行く場合は、名古屋高速都心環状線→伊勢湾岸自動車道→東名高速道路を通り、「掛川 IC」で東名高速道路を降ります。

もしくは、名古屋高速都心環状線→伊勢湾岸自動車道→新東名高速道路を通り、「高速森掛川 IC」で新東名高速道路を降ります。

いずれも、所要時間は高速道路(有料区間)を利用して約2時間程度(渋滞がない場合)です。

ちなみに、「高速森掛川 IC」は掛川駅や市内中心部からは離れているため、目的地が掛川駅やその周辺の場合は、新東名ではなく、東名高速を利用して、「掛川 IC」で下車する方が便利です。

まとめ

以上、名古屋から掛川へ行く方法の所要時間・料金のまとめでした。

ざっくりおおまかにいうと、「新幹線なら約1時間で料金は4,750~5,270円、電車なら約2時間~2時間半で料金は2,250円~2,270円、高速バスなら約3時間で料金は2,140円」ということになります。

いくつかの選択肢があるので、予算と都合にあわせた方法を選ぶのがおすすめです。

(本記事は2019年10月からの消費税改訂後に伴い、料金を修正しました。)

【関連記事】 掛川(静岡県掛川市)の見どころと観光スポット

にほんブログ村 旅行ブログへ





コメント