名古屋から金沢への行き方 新幹線・電車(特急しらさぎ)・高速バスの場合の所要時間と料金(運賃)のまとめ

名古屋から金沢への行き方 名古屋から石川県への行き方

名古屋から金沢への行き方 新幹線・電車(特急しらさぎ)・高速バスの場合の所要時間と料金(運賃)のまとめ

[2019年10月料金改定済]

名古屋をはじめとする東海エリアからアクセスしやすい観光地、金沢(石川県)。

国の特別名勝・兼六園、金沢城公園、金沢21世紀美術館、石川県立美術館、東山 ひがし茶屋街などの見どころ・観光スポットもあり、新鮮な海の幸や金沢おでんなど美味しいものも食べられます。

名古屋駅から金沢駅のアクセスは、もっとも速い方法で片道約2時間30分・往復運賃は14,740円~16,320円、もっとも安い方法で片道約4時間、往復運賃は7,200円です。

このページでは、名古屋から金沢への行き方を、時間・運賃別に紹介します。

新幹線+電車(特急しらさぎ)を利用する方法

名古屋から金沢に行く最速の方法は、名古屋駅から米原駅まで新幹線、米原駅から金沢駅まで電車(特急しらさぎ)に乗る方法です。

所要時間は片道約2時間30分、往復運賃は14,740円(自由席利用)~16,320円(指定席利用)。

この方法が最も早く金沢に着く行き方ではあるのですが、以下に紹介する、全行程をJRの電車(特急しらざぎ)を利用する方法と比べて、そこまで差があるわけではありません。米原駅での新幹線⇒特急しらさぎとの乗り継ぎ時間が長い場合は、ほとんど変わらなくなってしまうケースも。

米原駅に停まる新幹線はこだまとひかりだけなのでご注意ください。(のぞみは停まりません。)

全行程で電車(特急しらさぎ)を利用する方法

新幹線の次に速いのが、名古屋駅から金沢駅まで電車(特急しらさぎ)に乗っていく方法です。

しらさぎは、JR西日本およびJR東海が名古屋駅・米原駅 – 金沢駅間を東海道本線・北陸本線経由で運行する特別急行列車です。

所要時間は片道約3時間、往復運賃は13,860円(自由席利用)~14,920円(指定席利用)。

新幹線+特急しらさぎで行く方法に比べると、少しだけ時間が長くなりますが、途中での乗り換えの必要がなく金沢まで行くことができるので便利です。

高速バスを利用する方法

名古屋から金沢にハイウェイバスで行く方法

名古屋駅から金沢駅まで最も安く行く方法は、高速バス(ハイウェイバス)に乗方法です。

所要時間は片道約3時間50分~4時間、往復運賃は7,200円。高速バスは片道の場合4,500円ですが、往復で購入すると往復割引が適用され7,200円になります。往復の割引率が高いのでお得ですね。

片道4時間近くかかりますが、特急しらさぎ(約3時間)より1時間ほど余分にかかるだけで、料金が半分以下になるので、時間に余裕のある方や、「バス車内で寝て行けばいい」と考える人にはおすすめです。

ただし、冬場は積雪の影響で遅延がでる可能性もあるようです。

名古屋から金沢への高速バスは、ハイウェイバスドットコムから予約できます。往復割引を適用させるには、往路と復路を同時に購入する必要があるので、ご注意ください。

名古屋発金沢行きの高速バスは名古屋駅東口に停車します。路線バス乗り場もすぐ近くです。

(本記事は2019年10月からの消費税改訂後に伴い、料金を修正しました。)

高速バスはゆったりシートで、各座席にはヘッドレスト、フットレスト、携帯・スマホ用充電コンセントが備わっていて、意外と快適! バス車内後部にはトイレもあるので安心よ。

▼ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ




コメント